バイリンガルキッズの本棚

■海外のインターナショナルスクールに通う息子達の、学校での英語学習法、宿題、日々の出来事などをお伝えできればと思います■ 

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオ・レオニの絵本 -  Literature Circles の教材

Year3 の Literature Circles で取り上げられた Leo Lionni の作品たち。

Leo Lionni は、現代のイソップと呼ばれている通り、、

どの作品にもさりげなく教訓が含まれていて、世代を超えて愛されています。

広告デザイナーとしても超一流であった彼の絵は、

独特の色彩とコラージュにあふれ、読者も目を奪われてしまいます。

エリックカールなどの絵本作家にも、大きな影響を与えたと言われています。

代表作の SwimmyAlexander and the Wind-Up Mouse は、


Swimmy (Knopf Children's Paperbacks)Swimmy (Knopf Children's Paperbacks)
(1973/04/12)
Leo Lionni

商品詳細を見る
   
Alexander and the Wind-Up MouseAlexander and the Wind-Up Mouse
(1989/12)
Leo Lionni

商品詳細を見る


日本の国語の教科書にも取り上げられていて有名ですが、

その他にも Literature Circles の教材として、ふさわしい良書が揃っています。

息子たちが、学校で、実際に使った数冊をを紹介します。

中でも、Frederick は、


FrederickFrederick
(1973/04/12)
Leo Lionni

商品詳細を見る


そのテーマについて、アジア人と欧米人の生徒の考え方が全く異なり、

白熱した意見交換が交わされたと息子の先生から聞いています。

その他、兄弟げんかがテーマの It's Mine や、


It's Mine!It's Mine!
(1996/03/19)
Leo Lionni

商品詳細を見る



他人を羨ましく思う気持ち、ないものねだりについての本 Fish Is Fish もお勧めです。


Fish Is FishFish Is Fish
(1970/10/12)
Leo Lionni

商品詳細を見る





Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

niconicomama

Author:niconicomama
ご訪問ありがとうございます!

夫の海外赴任に伴って、現在、三カ国目の赴任先、東南アジアの某国に、日本人の夫と、日本のアニメが大好きな息子2人と滞在中です。

最新記事

最新トラックバック

アクセスカウンター

ご訪問ありがとうございます

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Visitor Maps

右サイドメニュー

ブログランキング参加中!!

クリックしていただけると        励みになります

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
人気ブログランキングへ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。